小型犬のマルプー2匹との幸せな生活

我が家の愛するワンちゃん、その3

小型犬マルプーの飼い主がワンちゃんグッズを紹介

 

スペース1

 

我が家に来たマルプーの男の子

 

初めて小型犬を飼うのにワクワクするだろう。
我が家に可愛い愛犬を出迎えることになるので、家族を迎える気分になるのは間違いない。

 

新しい家族を迎えるにあたって、住まいがワンちゃんにとって生活できる環境にあるか、ゲージなどワンちゃんのお部屋は用意されているか、ぬいぐるみなどおもちゃはあるか、準備することは非常に多い。

 

費用も掛かるのには間違いない。
汚い話、生体価格もその子によって様々であるし、持病を持っている子もいる。

 

楽しいこともあればそうでないこともある。
私が、初めてワンちゃんを飼ったのは妻がワンちゃんを大好きだったからだ。

 

私はどちらかというと、犬猫を触るのすら怖さがあった。
犬種は、小型犬に該当するマルプーの男の子だ。

 

初めて会ったときは、吠えたりかみつくことがなく、無表情な様子で緊張しているのかと思うくらい、少し心配になった。
しかし、とても愛着のある子だった。

 

初めて育てるということもあり、しっかりと育ててあげられるかと心配だったが、妻と二人で育て方を学びながら試行錯誤してきた。
小型犬の男の子で大変だったことといえば、やんちゃだったり動きも活発だったことだろう。

 

女の子でもそうなのかもしれないが、遊ぶのが大好きだったり女の人に甘えることも多々あった。
面白いのは、子供の時の自分自身と同じだなと思ったことがあるときだ。

 

食欲旺盛だったことも特徴の1つである。
食事だけでなく、食糞してしまうこともあった。

 

これは仕方のないことだ。
なぜかというと、糞にはご飯の臭いが残っている。

 

人間の何倍もの嗅覚を持つので、ご飯と間違えても無理はない。
しかし、食糞は気をつける必要がある。

 

胃がとてももたれてしまい、吐いてしまったりする。
最初は、風邪など重たい病気にかかってしまったのかと心配になった。

 

ぜひ、初めてワンちゃんを迎える方は、糞は食べるものではないとしつけてもらいたい。

 

 

2匹目のマルプーの女の子

 

そして、私はマルプーの女の子も迎えた。

 

年齢は最初に飼い始めた子と1歳差の子だ。
ペットショップの店員さんは、多頭飼いするときに年齢はなるべく近い方が良いと教えてくれた。

 

理由は、先住犬が同じ群れだと思うことや力加減の差が歳が近いほど少ないため怪我などのリスクを防げるなど様々だ。
小型犬なので大型犬ほど体格差もないが、男女では若干大きさは違う。

 

女の子の特徴は、内弁慶でナイーブな子だった。
初めて我が家に来た時、不安からか食事に全く手を付けなかった。

 

男の子は、食事にがっつくほどだったため、これもまた心配だった。
そして、お留守番をさせて仕事から帰ると部屋中は糞まみれだった。

 

パピーの頃は、トリミングがまだ解禁されていないため、毛の手入れや部屋掃除は毎日苦労した。
しかし、我が子だからだと思うが、そんな姿も可愛らしく思う親ばかだ。

 

小型犬のパピーの頃は本当に手に収まるほどだが、犬種にもよると思うがマルプーの男の子は4kg、女の子は3.5kgぐらいにまで成長する。
とても穏やかで、育てやすい犬種なのでおススメする。

 

色も真っ白だと、ビションフリーゼのようにモフモフ感があり可愛い。

 

スペース2

 

 

小型犬の特徴

 

これもまた犬種によると思うが、食事の量も大型犬ほどではない。

 

ペットフードや野菜と果物など、一日1kgぐらいで栄養がとれ体重管理が出来る。
体重管理は、気を付ける必要があるだろう。

 

小型犬は、動きも大型犬ほどではないため太りやすい。
太りすぎてしまうと、足腰の怪我などに影響してしまうからだ。

 

例えば、膝蓋骨脱臼は小型犬に多く見られる怪我の1つである。
そういった面で、小型犬を育てる難しさはあるが、ケアの仕方などインターネット上で情報は多く記載されているので安心してもらいたい。

 

小型犬の楽しみは、グッズも豊富にあることだ。
ペットショップに行けば、洋服の種類も沢山あったりするし、得意な人はハンドメイドでオリジナルの洋服を作ることも出来るだろう。

 

そして小さな子がいる家庭にとってぬいぐるみとまでは言わないが、小型犬だと子供と接するにあたり安心もできる。
女性の方にとっては、散歩も引っ張る力がそこまで強くないため、散歩もしやすいだろう。

 

ドライブで出かけた場合でも、今ではドライブカドラーという座席での専用のクッションやシートベルトもあるので、一緒に遠出の旅行をするのも楽しめる。
ベビーカーのようにドッグカートもあるので、喫茶店などお食事処に行っても、ワンちゃんの受入が可能な場所は増えてきている。

 

何度も言うが、小型犬はそういった面でも一緒に生活がしやすい犬種で間違いないだろう。
先日、我が家の愛犬の面白い体験をした。

 

それは、散歩をしていた時に、通りすがる車や自転車など自分より大きいものに対し驚くのに、大型犬に対しては楽しそうに近寄ったりするのだ。
同じワンちゃんなら怖くないのかと思ったが、本人もそうなのだろうと私は感じた。

 

 

ワンちゃんグッズを紹介

 

さて、ワンちゃんのグッズにも少し触れていくこととしよう。
グッズも本当に多くのグッズがあり、ぬいぐるみや鹿の角のエキスが入っている骨のおもちゃなど様々だ。

 

ワンちゃんは、鹿の角が大好物とのことだ。
その成分の入っている骨は、大きさにもよるが長い期間で、ワンちゃんには愛用いただけるオススメの商品だ。

 

一方で、ゴム系などのおもちゃは、噛んで遊ぶワンちゃんにとってはすぐに壊されてしまう。
私も、何回もそのような経験はある。

 

噛むことで、ストレスを軽減したり歯を磨くなど強化したりする良い影響があるということなので、硬めのおもちゃをパピーを卒業したタイミングで少し用意してあげると喜ぶだろう。
ペットショップに行けば、たくさんの犬種のワンちゃんに会えたり抱っこできたりするが、お店によっては他店舗にいるワンちゃんも家族に迎える方法がある。

 

ホームページなどで、他店舗にいるワンちゃん情報を調べ、問い合わせをすることで動画などが送られてきて観ることができるのだ。
購入まで至れば、最寄りの店舗へ送ってもらうことだって可能だ。

 

スペース3

 

愛犬を我が家に迎え入れて思った事

 

ぜひとも、素敵な家族との出会いを楽しみに大切にしてもらいたい。
素人だった私は、初めて小型犬を飼うことになり、家族を守る責任感や育てることの難しさと楽しさを多く学ばせてもらっている。

 

これは、小型犬に限らず大型犬も同じだろうが、初めてワンちゃんを迎えるなら、私は小型犬をオススメするだろう。
ワンちゃんを迎えたら、去勢または避妊手術を検討していただきたい。

 

この場合、子供を産むということが出来なくなってしまうが病気のリスクを抑えることが出来るとのことだ。
しかし、これは人ぞれぞれに考え方の異なりがあるため、一つの意見に過ぎないことは分かってもらいたい。

 

ワンちゃんを育てることは、犬種や大きさによって色々ある。
好きな犬種や色やどんなことをワンちゃんとしたいのか、楽しい想いを沢山思い浮かべて素敵な出会いをしてほしい。

 

私の家族は、現在4歳と3歳だ。
まだまだ、活発に走り回ったり食欲旺盛だったりする。

 

しかし、怪我や風邪なども経験はしてきた。
命と向き合うことの尊さをこれからも楽しみ学んでいくだろう。

 

今回の記事は、ちょっとした私のことや飼い始めてどんな様子だったのか、簡単ではあるが述べさせていただいた。
これからワンちゃんを飼う人が、この記事を読んで少しでも参考になることがあれば、とても嬉しい。

 

しかし人間と同じようにその子によって本当に異なる性格なので、家族を迎えたら飼い主ご自身が目で見て判断して、どんな教育をしていくべきなのか考えて生活してほしいと思う。

 

ご購読ありがとうございました。

 

 

サイト管理人のヒサシです。

 

美容総合サイトBeauty-mode。
ありとあらゆる美容に関する記事が盛りだくさん。

 

是非一度ご覧になって下さい。

 

私ヒサシが運営するSNSです。
恋愛に関して役立つ情報を毎日投稿しています。
是非みなさん見に来てください!

 

Twitter恋愛

 

facebook恋愛
facebook美容

 

Instagram恋愛
Instagram美容
Instagramワンちゃん

 

coconala恋愛

page top